Tateyama Rotary Club Website

2018-2019年度 会長あいさつ

会長 加藤 仁

2018 ~ 2019 館山RC 運営方針

2018 ~ 2019 年度館山ロータリークラブ会長を仰せつかりました。伝統ある館山クラブの会長として一 年間先頭に立って運営をしなければならないことに大変な責任を感じております。児玉幹事はじめメンバー 皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げます。

先に行われた地区研修協議会にご出席の委員会担当者の皆様には既に御周知のことと思われますが、 2018 ~ 2019 度RI バリー・ラシン会長のテーマは「インスピレーションになろう」です。インスピレーショ ンの意味を引くと、刺激・鼓舞・創造性・ひらめき・思いつき等出ています。毎年、会長テーマは漠然とし たものですので、ロータリアン各自の理解によって解釈すればよいのではないかと考えます。

私は、「ロータリアン各自が創造性を持ったひらめきにより、クラブ内、家庭、職場、コミュニティ、又、 地域において相対する人に対して良いことをして喜ばれ、結果として、ロータリアン本人も喜びと満足を得 る事のみならず、相対する人たちにもロータリーに対する新しいイメージ、インスピレーションを与えるこ とができる」と解釈いたしました。

ロータリアン個人が行う奉仕に対して見返りを考えることはご法度のロータリークラブですが、会長エレ クトセミナーのRI 会長メッセージにも、「世界でロータリーはかつてないほど重要な存在になっているが、 残念なことにロータリーがどんな存在で、どんな活動をしているか知られていない。クラブ内でさえロータ リーについて十分理解しておらず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していない」とありました。

私たちもロータリー活動を行う上でいろいろな媒体を使い活動内容の発信をし、地域全体にロータリーイ メージの向上と理解を深める努力が必要となっていると思います。

2790 地区2018 ~ 2019 橋岡久太郎ガバナーに於かれましては、地区テーマとして、「伝統と未来」~誇 りと連帯感~を挙げられました。

伝統とは、ロータリーの100 有余年の歴史と「四つのテスト」であり、未来とは、間もなく訪れるであろ う「レガシー・ポリオゼロ」宣言であると言われました。

誇りと連帯感とは、世界中の前向きな人たちの団体であるロータリークラブで、地域や社会に貢献する会 員が信頼の絆で友情をはぐくむことと締められています。

2018 ~ 2019 年度館山クラブの皆様にお願いし、強化していきたいと思うことは、RI 会長方針、地区ガ バナー方針を推進するために、出席率の一層の向上とロータリークラブ全般における歴史や現状を理解いた だく為の研修時間を十分に確保することだと考えています。出席率の考えが、日本だけの考え方ということ を会長エレクトセミナーの基調講演で聞き大変意外でしたし、文化的な考え方の違いを強く感じました。 多くの会員の例会出席を維持し、重要性の啓発に努めなければ、会員相互が信頼の絆で友情を育むこともで きず、理解を深めるための話し合いの中で、「良いインスピレーション」も生まれてこないのではないかと考 えるからです。

以上、皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

会長 加藤 仁

PAGETOP